スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | author : スポンサードリンク
和サンガの会  IN  もみの木森林公園
 今回4回目を迎える「和サンガの会」の内容をご紹介いたします。


雄大な大自然のエネルギーに浸りながら
瞑想やグループヒーリングを行います。
是非ご参加くださいね


日時: 10月10日(日)
場所: もみの木森林公園

集合場所: ー嵎愍茲諒:10時五日市駅北口集合
       現地に直行の方は11時にお集まりください

参加費: 『喜捨箱』
      ※喜捨箱とは・・・
           個々の思いの金額を寄附感覚で入れていただく方式です  
    


食事について: 昼食・飲み物は各自で持参といたしますが、「むさし」の弁当をご希望の方は、
          事前にお申し出ください。

締め切り: 10月3日までにお申し込みください

その他: 和サンガ会の後、近くの「小瀬川温泉」にたちよります。
      入浴(400円)希望のかたはそのご用意もお願いいたします。
18:17 | ■和サンガ広島:イベント | comments(0) | trackbacks(0) | author : 広島和サンガ会『AOZORA』
青空禅フォーラム 10月のお知らせ
 青空禅フォーラム IN 広島

2010年10月24日(日)

吃堯\超禅フォーラム  10:00〜12:00

幸せであるためには、なんの原因も理由もいらない。
これがわかれば、あなたはたった今、ただ幸せだ!
しかし、心は幸せになれないもっともな理屈をたくさん持っている。
どれだけたくさんの幸せになれない理屈や問題があろうとも、
あなたの基底に常にあるおだやかで静かな幸せは、不動のまま留まっている。
まるで雨雲がどんなに激しく嵐のように荒れ狂っていても、
背後に広がる青空はなんの影響も無いように・・・
あなたの本質は、良いも悪いもすべての経験をなんのジャッジもせずに観察している
純粋な意識であり、それは青空のように数知れぬ雲が過ぎゆくのをただ見守っているのです。
限りなく慈愛にみちた眼差しで・・・

青空禅フォーラムでは、雲のように過ぎゆく思考や感情やあらゆる経験にとらわれるのをやめて、あなたの本質である純粋な意識が覚醒するのをサポートするために、瞑想や様々な気づきのためのお話をしています。繰り返しこの場に来て、共に瞑想し、気づきのための会話をしていくことで、あなたは自然にただ幸せでいることができるようになるでしょう。

参加費 4000円



局堯\椰寛顱柄気肇ープンカウンセリング) 13:15〜16:15

青空禅フォーラムに参加くださっている方々を対象に、真剣に自らの本質に接し、深めていくための座禅及びセッションという、いわば実践編になります。
最大10名までの小グループとし、参加者はご自身の課題や疑問に対してオープンカウンセリングしていきます。本質に触れるプロセスは一人ひとり違います。豊富な知識と体験を分かち合うことで、それぞれの方に会うプロセスに出会っていただきたいと思います。
この禅空間を継続的に味わっていく中で、まさにライブ感覚で楽しみながら自らの本質である静寂、至福、平和を体感していくことでしょう。

参加費 15000円
      吃堯↓局瑤搬海い道臆辰気譴詈は、通しで18000円


場所: 宮島大聖堂 客殿  廿日市市宮島210



講師:伊東充隆(いとうみつたか)
    i Medic & Art 代表  医師・セラピスト





主催: 〜あなたが輝くために〜実行委員会
お問い合わせ: 携帯 070-5528-0648
          e-mail   aozora_zen@yahoo.co.jp   鈴光(すずみつ)
11:09 |  L青空禅フォーラム | comments(0) | trackbacks(0) | author : 広島和サンガ会『AOZORA』
パワースポットめぐり
 平成22年9月20日(日)に、
広島の名高いパワースポット「宮島 千畳閣」にて活動を行いました
帰るときには大雨でも心は晴れ晴れな瞑想だったのです





メンバーkちゃん

 

その日 各種コンディションの整わない人がたくさんいました。私もこの秋は研修やその準備に追われ(暇なときは「超」暇なんですけど、秋は忙しいの)宮島に行くために一日あけるのはかなり勇気が必要でした。「あとのことは天に任せて〜」出かけましたが、そういうオーラを発していたのか、Yりんには一目で「Kちゃん、いそがしいの?」〜バレてしまいました。あらら。。。

千畳閣は小高い丘の上。海側と山側とで15分ずつ瞑想をしました。私にはどちらのエネルギーが高いとか低いとかはわからないのですが、明らかに目を瞑っていて感じるものはちがっていました。
30分もいたら十分よね」と言っていたのに、閉館の4時半まで みんなまったりしていましたよ。ある意味あそこは時から外れた場所かもね。夏の暑いときお昼寝マットを持っていったら最高です。

ところで、宮島から帰ったその後! 仕事はサクサクはかどり〜というより、「やらなければ」と思っていた全体量が心理的に減ってしまった気がします。「ここまで準備しなきゃ」と思う気持ちに、私って疲れていたのね。〜だとは思っていました。

10:54 | - | comments(0) | trackbacks(0) | author : 広島和サンガ会『AOZORA』